季節外れの紫陽花

  • 2011/09/05(月) 23:38:47

赤と青が止揚するとき物語が始まる。
赤と青、痴愚と知識、地球と火星。
その全ては、紫陽花。

紫陽花しようか!というゲームをやらせていただきました。
大分昔のゲームですが、十分に楽しめました。・・・・最初のEDはBADEDになるのはお約束です。ちなみに、現実逃避EDでした。

このゲームは赤と青、即ち火星と地球、あるいは痴愚と知識、即ち二人のヒロイン――モリアとミネルウァ――または、とある男女、それらを弁証法、痴愚神礼拝を元にし展開していくゲームです。

舞台は火星に主人公の丸太棒がミネルウァに呼び寄せられることから始まります。
火星では人間が干渉することの無いように、人間がしゃべると死ぬ、そういうことになっています。
そこで12月1日から最長12月24日まで生活するお話です。

楽しくちょっとした知識を入手することができるのですが、複雑なヒロイン――主にモリアの心境がわかりずらいことわかりずらいこと。
セーブ&ロードを使わないと即効でBADED行きですし、そこは面倒かな、と思いました。
理論とパターンが分かればノーセーブでモリアとミネルウァのEDまでたどり着けるのですが、そこまでが大変です・・・特殊EDは自力でパターンを読みました・・・
ED曲も全てが詰まっていて初めて聞いたときには感銘を受けました。

と、と。

物語の説明は此処までとしてヒロインたちの魅力でも。
まず、痴愚の神様モリア。
彼女は痴愚、愚かさを司る神様でミネルウァ以外の神から踈まれている存在です。
あと青髪のクールな女神。
自分の力、痴愚の神であることに対してどこか諦めていますが、知識的で、かつ本心は最も女の子らしい・・・うーん、すっごく可愛い反応を見せたりします。
HAPPYEDでは救われてとーっても乙女になっています。
思わず抱きしめたくなるぐらいには、です。
というかミネルウァさん・・・HAPPYEDでも相変わらずです・・・「モリアちゃんIN森やー」って思いっきり笑ってしまいます。

では、わたしがEDで一番いいと思ったミネルウァさん。・・・BADEDでも結構よく不幸な目にあっています。
・・・不幸な目に合っているキャラが好きなわけではないですよ?上条さん好きですけども。
最初は元気な可愛い子、というイメージだったのですが、実はそうではなく未来が全てわかってしまい、それに絶望しているという知識の神様ならではの悲しみを背負っているのですが、それを救ったのが痴愚神であるモリア。
痴愚――愚行までは知識では読めない。だからこれにより未来を変えられる。
モリアとミネルウァは対照的であり、かつ互いに必要なのです。
でも、結局はミネルウァ自身は希望を見出せない。報われないのですね。
自分が動くことで少しは未来を変えられるのですが不器用だから上手くできないのですね。そこが可愛いのですけど。
で、結局HAPPYEDで丸太棒が知識と痴愚があるからこそ、奇跡が起こるということを具現化して救ってくれるのですが・・・ED近くになっても知識のぶつかり合いで最終的に丸太棒血を吐いてるし、ミネルウァ様も無理やり送り返すし・・・最初に見たときにはダメかと思いました。
でも、最後まで見ればわかりますがこのEDは最高です。血を吐く価値はあると思います。
むしろミネルウァ様の為に血を吐きたいです。貴女の為なら予定運命なんてぶち壊す!
あと耳!うなだれたりするとペタンとなって、喜ぶとピン!と立つ耳ですよ!
そこはポイントとして外せないと思います。
あとBADEDだとヤンデレ化します。見えないものが見えたり。
うん、ヤンデレいいですよね。リアルだと困りますけど、素は素直ですし。
とても可愛くて面白いこです。とてつもなく素敵です・・・

あと最後のヒロインの彼女。・・・ヒロインというべきなのかどうなのかは分かりません。機械が好きな人は最初から落とそうとしたりするかも?グラドスさんとか。ジョークが上手いところもちょっとだけ似てるかも?
ただ、こっちはやや下ネタ気味ですが。
彼女のルートはどちらかというと弁証法に焦点を合わせたルート、かつ難易度が高いのですが、ゲームとしての在り方などを考えさせられ、とても面白いです。
でもモリア・ミネルウァのほうが好きなんですけどね。
ちょっと彼女のテーマが悲しすぎて苦手なんです・・・
あと、ミネルウァのBADEDの救われなさは異常です・・・でも、だからこそ好きなのです。
火星を象徴するような真っ赤な髪、それでいて全てを見通す知識。
あとサンタ服。うん、ミネルウァ様素敵過ぎです。

感想はこんなところですね。

PS.あ、そうです、まったく関係ありませんがそろそろTOXが発売されますね。楽しみです。
・・・利益的に3倍ぐらいダウンロードで稼げばなんとかなるのでしょうかね? 結構不味そうな感じがしているのですが(新規ゲームの売れな沙的な意味で)

続きを読む